富士山静岡空港のレポです。

IMG_0867.jpg

富士山静岡空港のターミナルビル入り口です。

IMG_0833.jpg

FDA機はプッシュバックの後、誘導路へ進入して行きました。

IMG_0822.jpg

地上スタッフさんは、お見送りです。

IMG_0836.jpg

ノーズのアップです。
EMBRAER170のマークが見えます。
エンブラエル社はブラジルの航空機メーカーでこの機体
の開発には川崎重工業も参加しています。
旅客機と言うとボーイングとエアバスが有名ですが、
カナダのボンバルディア、ブラジルのアンブラエルとか
中堅の航空機メーカーも頑張っています。

IMG_0843.jpg

先ほど着陸した中国東方航空機とは反対側のR/W32側から
離陸滑走が始まりました。

IMG_0847.jpg

ギャラリーからは、歓声があがりました。

IMG_0850.jpg

FDA(フジドリームエアライン)のこの機体の導入機数は
エンブラエル 170を2機を既に導入しました。
また、追加購入としてエンブラエル 175を1機の導入が
予定されているそうです。

IMG_0854.jpg

青空に赤色の機体が映えます。

IMG_0864.jpg


富士山静岡空港のレポです。
7月22日までは、ほぼ毎日9便の発着があります。
この日は、MU2019上海便の着陸が2時間程度遅れた為、
運良く見ることが出来ました。

IMG_0799.jpg

R/W12側から進入してきました。
この日は丁度滑走路に対して真横から風が吹いていました。
この機体は、12側ですがFDA機はR/W32側から上がって行きました。
これもレディオ空港ならではの風景でしょうか。

IMG_0811.jpg

撮影は、し易い空港です。
展望丘が高い位置にあり障害物がありません。
滑走路とエプロンが一望できます。

IMG_0818.jpg

この機体は、エアバスA-319 B-2332です。
FDA機と被っています。

IMG_0826.jpg

エプロンに進入してきました。

IMG_0829.jpg

エアバスA319は、A320ファミリーですが日本の航空会社
では導入されていません。
A320より胴が短いのが特徴です。

IMG_0832.jpg

ギャラリーは、圧倒的に多いです。
老若男女を問わずかなりの人が見学に来ていました。

富士山静岡空港のレポです。

IMG_0748.jpg

御殿場から吉田インターを経由しての移動です。
吉田インターから20分位でしょうか、駐車場入り口へ到着しました。
道路は新しく整備されていて駐車場は、かなり広く取られています。
利用者用と見学者用が分けられていて見学者用は満車に近い賑い
でした。この空港は、熊本空港みたいな山の上に有る感じです。

IMG_0751.jpg

管制塔です。この空港はレディオ空港だそうです。
レディオ空港とは交通量の少ない空港で航空管制運航情報官のみ配置されている空港。
航空管制運航情報官は航空管制官と違い航空機に対し指示、命令を出すことはできず、
滑走路・飛行場の交通情報および気象情報を提供し、その情報をもとに機長の責任で
判断して飛行場に着陸、離陸などを行うそうです。(Wiki引用)
無線を聞いていましたが、いつも聞きなれている内容と違っていました。

IMG_0758.jpg

空港ビルには、Mt.Fuji Shizuoka Airport(富士山静岡空港)の表記があります。

IMG_0766.jpg

FDA(フジドリームエアライン)の2号機を目当てに行きましたが
残念ながら居ませんでした。
県営名古屋空港で見た1号機が7月23日の運行開始に向けて
最終準備の様子でした。

IMG_0773.jpg

短時間の見学でしたので飛行機は着陸が1つしか見れないと
半ば諦めかけていた所、プッシュバックが始まりました。

IMG_0775.jpg

熊本空港へ向けての完熟飛行の様です。

IMG_0781.jpg

機材も設備も車両も新しくて気持ちが良いです。

IMG_0782.jpg

名古屋人だからでしょうか、この色はどうしても名鉄電車とカブリます。