引続き明野駐屯地 航空祭からです。

resize21443.jpg

AH-1S コブラです。

resize21444.jpg

ファインダー越しにPさんを見ると女性でした。
最近のニュースで知っていましたが女性初の対戦車ヘリパイロットさんでした。

resize21445.jpg

実際のPさんは小柄な女性でした。

resize21456.jpg

明野レインボーの機体は、相変わらずの機動飛行を魅せてくれました。

resize21457.jpg

カッコいいですね!
久しぶりのブログ更新になります。
今年の航空祭シーズンは、小松基地台風中止、浜松基地雨と天候に恵まれず展開出来ていませんでした。
明野駐屯地航空祭は天気予報が良かったので展開する事にしました。
いつも通り午前3時台に自宅を出発し途中朝食を済ませ現地に到着したのが午前6時前、いつもの基地外周道路に駐車して仮眠を取ります。

resize21453.jpg

この日の展示からUH-60JAヒリュー

resize21460.jpg

AH-64アパッチ

resize21458.jpg

TH-480B

resize21447.jpg

UH-64,AH-1S,TH-480Bの編隊離陸

resize21448.jpg

これだけの異機種ヘリ編隊をが見られるのはこの基地ならではです。
大迫力な編隊航過飛行、ワンパスだけなのが残念です。

resize21454.jpg

明野レインボー
TH-480Bのみのアクロバットチームは「ブルーホーネット」と言うらしいです。

resize21446.jpg

今年は、外来機が充実していました。
浜松基地からのリモート T-4

resize21449.jpg

静浜基地からは、T-7

resize21451.jpg

小牧基地からのC-130Hに続いて岐阜基地からF-15Jはアフターバーナーを使用した先回を魅せてくれました。

resize21452.jpg

同じくF-2A
航空自衛隊基地さながらの飛行機展示で久しぶりの爆音浴を堪能しました。

でも主役は、やっぱりヘリコプター
OH-1が見られなかったのは残念でしたがまったりしていてまた来たくなる航空祭でした。
岩国FSD2017から地上展示機です。

resize18793.jpg

今回の展示機の中での目玉の一つF-35Bです。
真正面アングルでの撮影は、待ち行列が出来ています。

resize18792.jpg

いつ見てもこの機体のこのアングルからの姿はカッコ悪い。

resize18794.jpg

F/A-18ホーネットは、色付きのものを含め多数展示されていました。

resize18799.jpg

アレスティング・フックを下げてアレスティングワイヤーに引っ掛ける展示も。
フックは意外と小さくてワイヤーも細かったです。

resize18795.jpg

今や珍しくなくなった、MV-22Bオスプレイ。

resize18798.jpg

個人的には、大好きな機体A-10。萌えます。
韓国に展開している米部隊から飛来しました。
飛んでいる姿を撮影したかったですが、5月3日に飛来したとの事。
残念ながら撮影できませんでした。

resize18801.jpg

ワールドツアー中のDC-3
自分より年上の御爺さんです。

resize18797.jpg

隣接している海上自衛隊岩国基地はUS-2のホームベースでも有ります。

resize18800.jpg

今年度中の退役が決まっているUS-1A
見納めです。

resize18796.jpg

航空自衛隊から唯一展示されていたのは、梅組のF-15Jでした。
新田原からの展開です。

今年も楽しかった岩国FSD。
とにかく基地が広くて足が棒になりますが、また来たいです。
本番当日は20km程歩いていました。(笑)
引続き岩国フレンドシップデー2017からです。
本番当日は、曇天予報でしたが晴天下のもとで行われました。
飛行展示メニューは午前の部と午後の部に分かれていて重複している展示も有ります。

E85W5518 (2)

チーム ヨシムロヤ曲技飛行
エクストラ300銀色の機体を見るのは初めてです。午前の部は曇り空に同化しましたが
午後の部は蒼空のもと映えました。
それにしてもキレキレの演技。

E85W5362 (2)

航空自衛隊から6SQのF-2B
築城基地の機体ですが、今回は複座タイプの機体がきました。
F-16に負けない機動を魅せてくれました。

E85W4593 (2)

ライスフライトが近いUS-1Aの飛行は楽しみの一つ。
大型機の迫力ある航過飛行を見られました。
今年度ですべて退役の予定なので飛んでいる姿を見るのは、本当に最後になるかもしれません。

E85W3485 (2)

ブルーインパルスは、予行本番共に第一区分を展示。

E85W4096 (2)

海兵隊のKC-130、給油デモの為の給油ブームが伸びています。

E85W4141 (2)

F/A-18ホーネットは、1機のみの参加。

E85W4248 (2)

MV-22Bオスプレイは、レベル3のデモを実施。

E85W4450 (2)

ウィスキーパパ曲技飛行。
いつもの見慣れた飛行展示でした。

-------------------------
備忘録

予行前日 8:13発のぞみで移動。
広島観光(広島平和記念会館)のち岩国観光(錦帯橋)
18:00 ホテル着

予行 7:30 ホテル出発 タクシーで移動 防波堤ポイント7:50-16:00
防波提ポイントからホテル迄で徒歩で移動

本番 5:30 ホテル出発。基地へ送った帰りのタクシーをオテル前反対車線で確保移動
5:45 Cゲート前で開門待ち 6:55 開門
撮影専用特別観覧席横で観戦
一般特別観覧席も利用(望遠レンズ持ち込み不可なのに望遠レンズ使用者多数確認)
15:00 徒歩で岩国駅移動 15:47岩国発臨時列車で広島へ
18:13 広島発のぞみ乗車
引続き岩国FSDからです。

E85W3943 (2)

F-16デモチームの展示
PACAF(PACific Air Forces(太平洋航空団)公式のデモチームです。
写真は、予行時のもの月との絡みです。

E85W3981 (2)

月との絡み2
デモ機体の特徴は、尾翼のテールコードの「WW」やレジが陰付き文字だったり尾翼上部の塗装が若干違う所です。

E85W5038 (2)

演技内容はロール、ループ、ターン、バーティカルクライムロール、キューバンエイト、ハイアルファー等々
縦系の演技が中心。

E85W5102 (2)

機体は、三沢基地の35FWのF-16をそのまま使用しています。

E85W5158 (2)

演技後半の見せ場。会場右手から高速侵入しナイフエッジでパスします。F-16ではなかなか見られない翼上ベイパー。
早すぎて追いきれません。

E85W5185 (2)

演技が終わって戻ってきました。

E85W5192 (2)

整備員とパイロットさん
デモは、ウォークダウンから始まりウォークッバックまで続きます。
今回F-16の正面で観戦しましたので良く見れました。

E85W5199 (2)

カッコいいですね!